株式事務業務


有価証券の株式配当等振替サービス

投資家が発行者の増資による新株発行時に自身で現物の株式を受領する不便さ、及び交付作業で動員される大量の労働力を減らすため、当社は、1992年11月に楠梓電子公司と契約を締結して株式配当振替業務を開始しました。 発行商品の多様化に伴い、証券市場参加者により一層安全かつ便利なサービスを提供するため、従来のコール型(プット型)ワラント、自己株式買入・抹消、受益証券及び無償株式割当などといった増資株式関連の振替に止まらず、業務は信用取引の担保、一任勘定口座の株式配当振替などまで広がりました。 当社は、発行者又はその株式事務代行会社、預託機関、引受証券会社或いはその他の機関の委託を受け、有価証券振替を行う場合、有価証券名簿に基づいて、当該委託機関の指定日に参加者及びその顧客の口座に振替記録を行います。

業務処理フロー 圖片