成立沿革


日期 內容
1989.05.01 発起人会を開催、会社定款を認証。
1989.09.11 第三回発起人会を開催し、取締役と監査役を選任。併せて、第一回取締役会、監査役会を開催し、陳思明氏を董事長に選任、高抗勝氏を總經理に選任。
1989.10.17 経済部より設立許可。
1989.12.29 証券管理委員会より「有価証券の集中保管及び振替に関する規則」公布、翌日当社の業務方法書を認可。
1990.01.04 業務開始。
1990.08.30 全国証券会社とシステム接続完了。
2001.12.20 株券電子化登録業務開始。
2002.01.02 証券OTC売買センター(TPEx)において売買される未公開株(Emerging Stock)の受渡決済業務開始。
2005.07.29 金融監督委員会の政策により、旧台湾証券集中保管公司(TSCD:Taiwan Securities Central Depository Co., Ltd.) が旧台湾短期債券保管決済公司(DIDC:Debt Instruments Depository and Clearing Co., Ltd. Taiwan)を吸収合併(2006.3.27完了)。
2005.09.12 「オフショア投資信託情報観測ステーションーレポーティング及び開示プラットフォーム」
2006.03.27 台湾集中保管結算所に称号変更。
2006.11.01 外貨建国際債券の初上場に伴い、当社が当該外貨建国際債券の発行登録、クロスボーダー一般振替、振替受渡決済、及び満期償還処理などのサービス提供開始。
2009.03.30 電子議決権行使プラットフォーム─STOCKVOTE Platform稼働。
2011.07.29 上場株式、未公開株式(Emerging Stock)、フィックストインカム商品、投資信託の全面電子化を実施。
2012.12.24 台湾株式博物館設立。
2014.03.24 台湾総合株式事務代行公司 (TISSC: Taiwan Integrated Shareholder Service Company) を吸収合併。
2015.12.15 ファンドリッチ証券株式会社 (FRS: Fund Rich Securities CO., LTD) 再投資設立。